アフリカの少女たちの教育を語る

俳優キム・アジュン、アフリカの少女たちの教育を語る「私も学校に行こう!」


写真/俳優キム・アジュンさんが先月アフリカ女の子の教育を支援するセーブ・ザ・チルドレン"school me"キャンペーン大使で委嘱されました。

韓国を代表する女優キム・アジュンさんがアフリカ女の子の教育のために両腕まくって乗り出しました。
セーブ・ザ・チルドレンは貧困と悪習、偏見などで教育の機会を奪われたアフリカの女の子たちが学校に行けるように支援するため、昨年11月"スクールミー(school me)"キャンペーンを開始しましたが、キム・アジュンさんがこのキャンペーンのキャンペーン大使で活躍することになりました。
アフリカ現地で少女たちに直接会って何よりも大切な教育の必要性を痛感したというキム・アジュンさんの話、一度聞いてみられますか?


初めての出会い–学習への熱意、衝撃と悲しみを越えて感動になる

キム・アジュンさんが教育の機会を奪われたアフリカの少女に会ったのは昨年3月です。当時『希望TV SBS』を通じてセーブ・ザ・チルドレンは女の子の教育事業を展開しているリベリアに行ってきたんです。
性暴力で妊娠をして学校をやめなければならなかったが子供を背負っても保育園の子供たちに字を教えたアビゲイルと、やはり性暴力で子供を産んだが学校にずっと通いたくて放課後子供を背負って重いレンガを運んで金を稼いでいるジェセフィーヌに会ってキム・アジュンさんは全く別の世界と直面することになりました。 これほど胸が痛いことを体験しながらも勉強に対する夢をあきらめなかった10代少女たちの姿は初めての衝撃と悲しみを越えて徐々に感動的に迫ってきました。

schoolme012.jpg
写真/性暴力を受け子供を生んだが、レンガを運びながら学習を諦めていないジョセフィーヌ(写真右)とキム・アジュンさんが話をしています。去る2013年3月リベリアを訪問したキム・アジュンさんは、アフリカの少女たちに教育がいかに重要かを直接感じて帰ってきました。

"(アビゲイルが)まだ酷いことをされたその日の記憶を消すことができずにハードな一日一日を過ごす中でも、「私は子供もいますが学校に戻ることができるのか?」「私と似たような境遇に置かれた友人がいて一緒に学校に行って構わないか?」とずっと尋ねられましたよ。アビゲイルが仕事をして「まだ傷が癒えていないのに勉強に対する情熱だけはあきらめていないのだな」と感じて、本当に大きな感動を受けました。"<2013年5月、リベリアの訪問以来、セーブ・ザ・チルドレンと進めたインタビュー中>


根本的な変化に対する悩み

リベリア訪問以後1年余りの時間の間キム・アジュンさんは忙しい演技生活中でもそこで出会った少女たちのことが頭から離れなかったそうです。 徐々に心が落ち着きを取戻し、「この少女のために私ができることは何だろうか」について悩み始めたんですが、その悩みは自然にセーブ・ザ・チルドレンの"スクールミー"キャンペーンで一緒にするべきだと決心につながりました。

"その友人たちに会ってきてとてもたくさん......私もちょっと変だったようです。不意にずっと思い出しますよ。仕事をしてふと、美容室にいてふと、家にいてふと。 ところでその友人に対する感情が単なる同情ではなくあたかも従兄弟ぐらいの妹を置いてきた感じのようでした。 "スクールミー"キャンペーン大使の提案を受けてその友人が再び浮かび"第2のジェセフィーヌ、アビゲイルのような友人のために私が何かできたらいいな"と思いました。"

"キャンペーン大使の提案をして下さった時は本当に気分が良かったです。「私はまたセーブ・ザ・チルドレンと何かをすることができるだろう」という気がしますので。 昨年リベリアに行き来する飛行機の中でも撮影の合間も時々セーブ・ザ・チルドレンのスタッフの方々と現場経験談や仕事をして受ける感じ、どんな活動をしているのかなどに対して話しながら私も何か一緒にすることができるのことがあれば良いと話をしましたよ。このようにぴったり提案をしてくださって「ついに!きた!正しかったんだ!」と思いました。(笑)"

schoolme013.jpg
写真/先月12日、キム・アジュンさんの"スクールミー"のキャンペーン大使委嘱式が行われました。キム・アジュンさんは、セーブ・ザ・チルドレンのキャンペーン大使の提案を受けて「"第2のジョセフィーヌ、アビゲイルのような友人のために私が何かできたらいいな"と思った」と語りました。


教育 - アフリカの少女たちの人生と夢のための道案内

教育の機会を奪われた少女たちをアフリカの現地で直接会い、彼女らの話を聞いたキム・アジュンさんは少女たちに教育が必要な理由をこう説明しました。

"実際には、教育といえば単純に'国英数'このような教育を考えることができるが、そうではないようです。その友人たちへの教育が悪い事故や事件にあわないように保護してくれる第2の家で心が揺れたときに頼れることができる宗教のようなものですよ。学校には友達や先生たちもいて。また、学校卒業後、子供を育てて家庭を作るのに必要な最低限のことを学ぶところがまさに学校でもある。生きていくのに役立つ実践的な教育だから、本当にこの女の子たちにとても必要だろうなという思いがしたし、さらに傷つかないように、危険にならないように、より良い家庭を築くことができるようにする教育が非常に重要だという考えをたくさんしました。"

"実際に学校に行って裁縫も学び数字を書くような簡単なものなどを習い始めて「後で服作って売るでしょう。」という話をするんです。好きなことができて将来を見据えるようになるでしょう。また、似たような痛みと夢を持つ少女同士コミュニティの形成ができれば誰かが歪んだり倒れないようにお互いに垣根になったりもできます。"

schoolme014.jpg
写真/毎日レンガを運び、生活費と学費を稼いでいるジョセフィーヌを助けるためにキム・アジュンさんが一緒にレンガを運びます。
レンガ一枚の重さは15kg。ほかに子供を預ける場所のない​​ジョセフィーヌは子供を背負ったままレンガを運んでいました。



私の人生で教育とは

去る2011年、高麗大学言論大学院で修士学位を受けたキム・アジュンさんはこの論文が学術誌に載るほど代表的な「学究派」の芸能人に数えられるのですが、忙しいスケジュールの中でも勉強への情熱をあきらめなかった彼女に「教育」とはどんな意味なのかを聞いてみました。

"私はむしろ子供の頃は勉強をたくさんしなかったが年齢と共に教育の必要性をさらに感じました。仕事をしながら揺れたり悲しくなったり憂うつになることもあるがこのような感情も教育によって変化するのをたくさん感じました。 メディアと心理上の勉強をしながら私の心理も振り返ってみることになり私に正確に何が欠乏していて何が必要な人なのか、また、私はこういうものに弱くてこういうものには強くてそんなことを反すうすることになるようです。 そんな教育を通じて私自身も力をたくさん得たし勉強して「知っていることが力だ」ということをたくさん感じました。 失敗しないようにして失敗をしても繰り返さないようになり私自身放棄することがあまりなくなりましたよ。

だから、この友人の人生でも教育が悪循環を切ることができると思います。教育を通じて子供たちが自分自身を放棄して、劣悪な環境に自分自身を放置させたり、自分の子供の責任を負わなかったりという最悪の状況にまで追い込まない可能性があるという信頼があって。教育は継続して明るい明日を見て肯定的に考えるようにしてくれる力があると思います。"

schoolme015.jpg
写真/リベリアマキビ保育園の子供たちと一緒に明るく笑っているキム・アジュンさん。


美しくて堂々と成長するアフリカの少女たちの姿を描きます

これからキム・アジュンさんは2年の間"スクールミー"キャンペーン大使としてセーブ・ザ・チルドレンが作っている現地の事業所訪問、キャンペーン広報映像撮影など様々な活動を通じて人々にアフリカの女子教育の重要性を伝えていく予定です。

教育を通じてこの少女が誰よりも美しくて堂々とした女性に成長することをキム・アジュンさんは切に願っていました。

"綺麗になるといいですね。単純に顔の綺麗さというよりも、その年齢に応じた事故や思いをするだけでも、非常に顔色が変わるじゃないですか。そのような笑顔を維持し続けることができれば良いなとそんな思いが彼女たちをもう少し堂々と女性として、堂々とお母さんにしてくれたらいいですね。"

"スクールミー"のキャンペーン大使としての彼女は、人々に伝えたいメッセージがあります。

「アフリカの女の子たちに、学校では自分の人生を作ることができるように、実質的な教育をするところであり、生活の基盤だと思います。"スクールミー"キャンペーンは、女の子たちが自分で起きることができるよう助けてくれるのだから子どもたちはもちろんのこと、地域社会の発展にも役立つと思いますよ。もう少し多くの方々が関心を寄せていただければ良いことがさらに多くできるようです。 "

schoolme016.jpg
写真/"スクールミー"キャンペーン募金のための紙貯金箱を持っているキム・アジュンさん。
"スクールミー"キャンペーンを通じて募金された金額はリベリア、ウガンダなどアフリカ4ヶ国で女子教育のために使われることになります。



2016年までセーブ・ザ・チルドレンはキム・アジュンさんと共にシエラレオネ、リベリア、コートジボワール、ウガンダなどアフリカ4ヶ国で女の子を含めて全部で6万3000人余りの児童に教育の機会を提供する予定です。
"スクールミー"キャンペーンがアフリカの女の子たちの人生に起こす楽しい変化の風、
一緒に感じてみませんか?


(2014.3.21 セーブ・ザ・チルドレンBLOG)




以前2月28日に記事にしたセーブ・ザ・チルドレン"school me"インタビューと同じ内容が多いですが公開されていない写真もあったので掲載しました。
アジュンはどれくらいアフリカに行くことがあるのでしょうか?
今年のファンミは・・・イヤな予感がします。
10周年なので韓国でも日本でもワールドワイドに盛大にやって欲しいですね!

チャリティーサイン会とかは韓国でやりそうな気がするのですが・・・


・・・インタビュー記事の翻訳って長いですよね。
いつも作っていて思うのですが読んでもらえているのでしょうか?(^^ゞ






Please click!!
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国女性芸能人・タレントへ
韓国女性芸能人ブログランキング


関連記事

テーマ : キム・アジュン
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿(Post a comment)

非公開コメント(Private message)

お返事です

>ソルティーさん

読んでくれてありがとうございます。
反応の薄さを見るとやはりあの色の薄い小さい字もあまり読まれていなかったようです(苦笑)
でも読んでくれる方がいる限り頑張りますよ!!
これからもよろしくお願いします。


>ほ~がんさん

ファッション誌グラビアで見せる攻撃的な表情とは180度違った柔らかな表情。
ファンとしてはどちらもたまらないですね。
『school me』のニュースを聞く前から私たちはいち早くアジュンとセーブ・ザ・チルドレン韓国の力になっていたんですよね。
日本のファンとして大きなことができて本当に良かったと思っています。
ファンの皆さんの一人一人のご協力、そして団結力の強さのおかげです。
アジュンペンは最高です!


>GULGULさん

"アジュンがアジュンらしく在ること" 
本当にこれが一番大事なことですよね!!
アジュンの演技が見たい・・・つくづくそう思います。
そしてファンミも・・・
みんなであの星に願いをこめましょう!!


>ユカジュンさん

お久しぶりです。
温かい感謝の言葉がとても励みになりました。
どうもありがとうございます。
これからも頑張っていきます!!


>mikku_51さん

もう帰国されましたね。
ツイッターの写真を見て、羨ましい~と思っていました。
これからも地道にやっていくのでよろしくお願いします。

勿論読んでます。

勿論読んでます。本当にアジュンさんの優しい心が伝わる記事で、ソウルで満月を見ながら読んでました。何時もありがとうございます。もう一日居たら、日常生活に帰ります。

いつも拝見させていただいてます。
とても感謝しています。ぱんちゃさんのブログがなければ、韓国にいるアジュンの事を知ることは出来ません。なかなか日々の生活の中でのブログ更新、本当に大変だと思います。ただいつもイベントなども乗っかかりで、まかせっきりごめんなさい。でも感謝しています。ありがとう!これからもよろしくお願いします。

アジュンの力になるには…

アジュンの記事、写真の情報をありがとうございます。
アジュンの気持ちはやっぱりアフリカに残っていたんですね。

アジュンがレンガを運ぶことは、もちろん大事なことだけど、アジュンがアジュンらしく在ってしかも大きな力となる演技や歌やダンスで、アフリカの現状を世界に発信してくれたら良いなぁ…

ファンミーティングは継続してほしいし、10周年にアジュンペンの力を合わせて、キャッチミーに似たネーミングのスクールミーキャンペーンに協力できるといいな…と思います。

アジュンさんの慈愛に満ちた表情。
まさに“女神”ですね。
これまでの記事、ファンミで観た映像、そしてこの記事…
改めて、アジュンさんの魅力に触れることができました。

そして、この活動を、kirakiraを通して応援(寄付)できたこと、アジュンペンの一人としてとても嬉しく思います。

感謝m(_ _)m

No title

記事は目にしてもなかなか上手に訳せなかったり、難しいテーマだとイメージがしづらかったりしましたが、写真や構成でとてもわかりやすかったです。ありがとうございます~しっかり読んでますよ(^_^)v
 お知らせ Information
『ハート泥棒を捕まえろ!』
DVD発売中


『キム・アジュンLIVE SHOW2』
DVD発売中


映画『マイPSパートナー』
Blu-ray&DVD発売中


『キム・アジュンLIVE SHOW』
DVD発売中

 カレンダー Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 最新記事 Entries

◆ミルトンステルリMilton Stelle メイキング動画(05/24)

◆確定!!ドラマ『ウォンテッド』出演!!(05/16)

◆5月4日のアジュン(05/05)

◆最近のアジュン!(04/25)

◆キム・アジュンのつぶやき160416(04/20)

◆ミルトンステルリMilton Stelle2016年Part2(03/24)

◆ミルトンステルリMilton Stelle2016年Part1(03/19)

◆映画『ザ・キング』撮影中~(03/15)

◆アジュン、髪をバッサリ切りました(03/14)

◆キム・アジュンinstagram160214(03/13)

◆テレビ放映情報『パンチ~余命6ヶ月の奇跡』(03/02)

◆キム・アジュンinstagram160213(02/29)

◆所属事務所、正式決定!!(02/28)

◆ 映画『ザ・キング』出演確定!!(02/27)

◆キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/28)

◆スクリーン復帰作決定か!?(01/21)

◆kirakiraブログ5周年記念オフ会のお知らせ(01/02)

◆キム・アジュンinstagram151218(12/22)

◆ミルトンステルリ撮影中~Part2(12/13)

◆ミルトンステルリ撮影中~(12/10)

◆キム・アジュンinstagram151209(12/10)

◆『パンチ』日本版DVD発売決定!(12/05)

◆シン・ハギョンのファッション第15話(12/01)

◆キム・アジュンinstagram151117(11/20)

◆東京満喫!キム・アジュンinstagram151113~14(11/17)

◆アジュンの帰国後・・・(11/15)

◆シングルマザーたちに時計プレゼント(11/14)

◆東京!キム・アジュンinstagram151112(11/13)

◆キム・アジュンinstagram151111(11/13)

◆キム・アジュンinstagram151106(11/09)

 最新コメント Comments

◆GULGUL:ミルトンステルリMilton Stelle メイキング動画(05/31)

◆中津川典司:ミルトンステルリMilton Stelle メイキング動画(05/27)

◆トリニータオヤジ:ミルトンステルリMilton Stelle メイキング動画(05/25)

◆グレッグ:確定!!ドラマ『ウォンテッド』出演!!(05/16)

◆No Name:5月4日のアジュン(05/09)

◆銀河系:5月4日のアジュン(05/05)

◆中津川典司:5月4日のアジュン(05/05)

◆mihowaka92:キム・アジュンのつぶやき160416(04/23)

◆トリニータオヤジ:ミルトンステルリMilton Stelle2016年Part2(03/24)

◆はせぽん:ミルトンステルリMilton Stelle2016年Part1(03/19)

◆はせぽん:テレビ放映情報『パンチ~余命6ヶ月の奇跡』(03/12)

◆トリニータオヤジ:テレビ放映情報『パンチ~余命6ヶ月の奇跡』(03/03)

◆mikku_51:テレビ放映情報『パンチ~余命6ヶ月の奇跡』(03/03)

◆はせぽん: 映画『ザ・キング』出演確定!!(02/28)

◆トリニータオヤジ: 映画『ザ・キング』出演確定!!(02/27)

◆さわ♂:キラキラ☆キム・アジュン5周年(02/11)

◆Excel:キラキラ☆キム・アジュン5周年(02/11)

◆mihowaka92:キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/30)

◆kt:キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/30)

◆オカハゲ:キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/30)

◆銀河系:キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/29)

◆はせぽん:キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/28)

◆dadapon:キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/28)

◆トリニータオヤジ:キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/28)

◆whiteberry:キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/28)

◆中津川典司:キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/28)

◆はせぽん:スクリーン復帰作決定か!?(01/26)

◆まりはや:スクリーン復帰作決定か!?(01/24)

◆中津川典司:スクリーン復帰作決定か!?(01/22)

◆トリニータオヤジ:スクリーン復帰作決定か!?(01/22)

 カウンター Counter
 KAJプロフィール AJ's Profile
◆キム・アジュン◆
ハングル表記/김아중
英語表記/Kim A Joong
漢字表記/金亜中
◆生年月日◆
1982.10.16
◆身長体重◆
170cm47kg
◆血液型◆
A型
◆家族構成◆
父、母、兄
◆最終学歴◆
高麗大学言論大学院放送映像学科の修士課程修了
◆映画◆
『オッケドンム』
『クァンシクの弟クァンテ』
『カンナさん大成功です!』
『マイPSパートナー』
『Amazing』
『キャッチミー』
◆ドラマ◆
『海神』
『別れの法則』
『変わった女、変わった男』
『アクシデントカップル』
『サイン』
『パンチ』
◆所属事務所◆
ナムアクターズ

 プロフィール Profile

ぱんちゃぱんちゃ(pancha_pancha)

Author:ぱんちゃぱんちゃ(pancha_pancha)
◆女性管理人です。
◆韓国語で「パンチャパンチャ(반짝반짝)」とは「キラキラ」という意味です。
◆老若男女問わず、アジュンファンが集まる場にしていけたらと思っています。
◆Twitterもやってます。
http://twitter.com/pancha_AJoong

 ランキング参加
Please Click!!
 キム・アジュンTwitter

 ブログ翻訳 Translation 
 全記事表示 All Entry View

全ての記事を表示する

 カテゴリ Category
 月別アーカイブ Archives
 検索フォーム Search
 リンク Link
 RSSリンクの表示 RSS Link View
 QRコード QR Code
QR
最新トラックバック