キム・アジュン、bntニュースインタビュー201503

bntニュースでのインタビュー記事(2015.3.6掲載)です。

キム・アジュン、女優の思いがけない顔
bnt201503001.jpg

『パンチ』シン・ハギョン(キム・アジュン)は、正義と信念のために不正と対抗して戦った。誰の言葉にも揺れなかったし、たとえその相手が死を控えた夫だとしても、自分の意見を明らかにした。誰かは彼を"迷惑キャラクター"と称したが、これらの中心がなければ『パンチ』は悪だけが残ったドラマで残っただろう。

キム・アジュンは、その中でも善の役割を粘り強く表現した。有名な演技者の先輩たち、そこに重い検事ストーリーが加わって負担感が大きかったが、むしろ彼女はドラマの全体的な流れを把握し自分の役割を明確に表わした。

最近、SBS月火ドラマ『パンチ』(脚本パク・ギョンス、演出イ・ミョンウ)放映終了後 bntニュースと会ったキム・アジュンは「実は私が記者懇談会時に迷惑キャラクターがしっかりしてこそパク・ジョンファン、イ・テジュンの話に弾みを置くことができると言ったが言葉を間違ったようです」と話し始めた。

「パク・ギョンス作家のドラマは、従来の他のドラマをベースにして話すことができる作品ではないです。その基準で見ればシン・ハギョンという人物が迷惑なキャラクターだと解釈できるが、パク・ギョンス作家の作品だけを見ればすべてそれぞれのキャラクターが主体性を帯びているために善役も悪役も迷惑キャラクターもないのでしょう」

キム・アジュンの言葉のようにパク・ギョンス作家のドラマは従来のドラマとは全く異なっている。感性より理性が先に先に進んで目標達成のためならそのキャラクターは善と悪を行き来している。しかし、その背景には明白な理由があり説得力があるので多くの愛好家層が存在する。もちろん、キム・アジュンもその中の一人だった。

「普段からパク・ギョンス作家の作品が好きでした。ところがシナリオを受け取ってみたら格別でした。人物構図を描いてあったがそれがとても面白かったです。男性、女性が互いに愛するが、価値観の対立によって葛藤をする姿が正直韓国ドラマでは珍しいでしょう。そのような構図がとても新鮮だったし、シン・ハギョンという人物を見ないことができませんでした。特にミーティングする日ハギョンについて作家が説明をしてくれたが、いくつかを聞いただけでこれ以上聞かなくても"信じてついて行ける"と感じました。」

劇中でキム・アジュンが消化なければならない役割は結構多かった。妻として、母として、検事として。また後輩として。しかし、唯一の善の役であるだけに彼女は『パンチ』の中で多くの人々を失った。

「孤独で非常に大変でした。私と関係している人々がどんどん亡くなり、一人になることがとても大変でした。夫も去り、友人のホソン(オン・ジュワン)も去り、検事の先輩であるユン・ジスク長官(チェ・ミョンギル)もみんな去っていくじゃないですか。しかし、作家が意図的に正義を守る人物を孤独にさせたようです。」

bnt201503002.jpg

キム・アジュンの言葉を聞いてみると4ヶ月という時間の間シン・ハギョンに深く染まっているようだった。またもう少し説得力のあるキャラクターを描き出すためにファッションとやヘアスタイル、ジェスチャーひとつまでも気を使いながらシン・ハギョンと一致するために努力した。

「フェミニンな衣装を着ると弱く見えるんですよ。だからスリーピースのスーツを着る方がさらにエネルギーあるように見えて4着、5着程度合わせました。またニットやファブリック素材が入ると人が温かく見えて素材にも気を使いました。特に作品を詳しく見ると、私が頭の右から話をするシーンが多いんです。そうするのがこだわりのように見えました。バストショットのような場合はその中で表現するのがまれで素材や行動一つに神経を多く使ったようです。」

キム・アジュンは思ったよりディテールに気を使った。事実キム・レウォンとチョ・ジェヒョンに比べて分量は小さかったが、彼は"分量"よりは"キャラクターの生命力"に重心を置いた。

「これまで私のキャラクターを引っ張っていく作品をたくさんして、今回のドラマがファンには少し残念なこともあります。しかし、私は分量ではなくキャラクターの完成度がより重要であると考えます。キャラクターがどれほど存在感を持って、完成度があるように描かれるのかが重要です。実際、私は生命力のあるキャラクターであれば、さらに小さな役割でも気にしない。比重が大きいが役割に生命力がなければあまりしたくない。」

キム・アジュンとのインタビューが進行される間、意外な姿を発見することができた。漠然と "女優" のイメージが強かったが、実際のキム・アジュンは気さくながらも明快な性格を持っていた。特にファンたちと親密な姿を見せて、これに関連する愉快なエピソードを打ち明けた。

「私のファンは常に私にディスって虐待してそうです。ファンが"ババア、お婆さん"と言います。"年を取るのを何度も覚醒しろ" "早く作品するべきだ" "半喜寿" とからかいます。私はいつもドラマやどこかに出ると屈辱写真だけインターネットにアップするんです。今回の『パンチ』打ち上げ時も餅を送ってくれたのに白い蒸し餅に黒字で「来て拾った。手間" このようになる。しかし、それは私のファンの方式のようです(笑)」

bnt201503003.jpg

4年ぶりのブラウン管復帰作であるだけにキム・アジュンは、より深みのある演技を披露し大衆の前に姿を見せた。彼女が復帰する上で時間が長くかかっていたのは『パンチ』の中のシン・ハギョンに会うためではなかっただろうか。ファンにはやや残念な作品かもしれないがキム・アジュン本人には演技的な部分で多くを得られることができる作品だっただろう。そのため今回の『パンチ』が月火ドラマ視聴率不動の1位を占め、また好評のうちに終了したからだ。

キム・アジュンは『パンチ』と一緒に成功した年をスタートした。それだけに次回作も重要で「また作品やってください」とそれとなく話を切り出した。

「だから今の仕事を続けています。今回は映画をより重みのある真剣なジャンルにして、ドラマで明るく笑わせることができる役割をしてみたいですね(笑)」

(bntニュース)



アジュンのファン・・・みんながアジュンのことをからかっていると思われそうでイヤですね。
一部のファン(アンゲルだけ!)と書いて欲しかったです。






"やる気"に繋がります!Please click!!
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国女性芸能人・タレントへ
韓国女性芸能人ブログランキング

関連記事

テーマ : キム・アジュン
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿(Post a comment)

非公開コメント(Private message)

そうだそうだ

こんなに可愛くて、綺麗なアジュンさん!
1つの作品に、真剣に取り組んで、魂を吹き込んでくれる女優さんは、なかなかいないです。女優さんとしても。、称賛したい。
うーん、こんな魅力的な女性に対して、称賛の言葉しか思い浮かばないです。意地悪な事を言う人がいるなら、その百倍褒めてあげたい。
アンジュさんは、とてもとても頭の良い人だと思います。インタビューに答えて出したという事は、何らかの意図があったのでしょうか。
物議を醸し出す事は、予想していた?
やっぱり、嫌だったのかな?遠まわしにもう止めてね、と言っているのでしょうか。ただ面白い話としてしたのでしょうか。
もし彼女が少しでも傷ついているなら、すごく嫌だなぁ。そんな彼女を思うと、私も傷ついてしまう。
それでも、アジュンさんの笑顔で私は癒されます。
アンジュさんは、本当に可愛いです。

パンチインタビュー

アジュンは 良い作品に、出会えたね!
息の長い女優になるには、ぴったりの
作品だった アジュンなら出来る人だから、努力、苦労もあっただろうが
自身女優の先をしっかりと見据えているから出来たんだねアジュンも全ての人に感謝し、その全てを導いた神に感謝して欲しい‼️

確かに‼️

アンゲル内でも、ちょっと物議をかもしていたようですが⁉️🔥
個人的には、もし同じ日本にいたとしても、
関わりたくないファンですね‼️
 お知らせ Information
『ハート泥棒を捕まえろ!』
DVD発売中


『キム・アジュンLIVE SHOW2』
DVD発売中


映画『マイPSパートナー』
Blu-ray&DVD発売中


『キム・アジュンLIVE SHOW』
DVD発売中

 カレンダー Calendar
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
 最新記事 Entries

◆ミルトンステルリMilton Stelle メイキング動画(05/24)

◆確定!!ドラマ『ウォンテッド』出演!!(05/16)

◆5月4日のアジュン(05/05)

◆最近のアジュン!(04/25)

◆キム・アジュンのつぶやき160416(04/20)

◆ミルトンステルリMilton Stelle2016年Part2(03/24)

◆ミルトンステルリMilton Stelle2016年Part1(03/19)

◆映画『ザ・キング』撮影中~(03/15)

◆アジュン、髪をバッサリ切りました(03/14)

◆キム・アジュンinstagram160214(03/13)

◆テレビ放映情報『パンチ~余命6ヶ月の奇跡』(03/02)

◆キム・アジュンinstagram160213(02/29)

◆所属事務所、正式決定!!(02/28)

◆ 映画『ザ・キング』出演確定!!(02/27)

◆キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/28)

◆スクリーン復帰作決定か!?(01/21)

◆kirakiraブログ5周年記念オフ会のお知らせ(01/02)

◆キム・アジュンinstagram151218(12/22)

◆ミルトンステルリ撮影中~Part2(12/13)

◆ミルトンステルリ撮影中~(12/10)

◆キム・アジュンinstagram151209(12/10)

◆『パンチ』日本版DVD発売決定!(12/05)

◆シン・ハギョンのファッション第15話(12/01)

◆キム・アジュンinstagram151117(11/20)

◆東京満喫!キム・アジュンinstagram151113~14(11/17)

◆アジュンの帰国後・・・(11/15)

◆シングルマザーたちに時計プレゼント(11/14)

◆東京!キム・アジュンinstagram151112(11/13)

◆キム・アジュンinstagram151111(11/13)

◆キム・アジュンinstagram151106(11/09)

 最新コメント Comments

◆GULGUL:ミルトンステルリMilton Stelle メイキング動画(05/31)

◆中津川典司:ミルトンステルリMilton Stelle メイキング動画(05/27)

◆トリニータオヤジ:ミルトンステルリMilton Stelle メイキング動画(05/25)

◆グレッグ:確定!!ドラマ『ウォンテッド』出演!!(05/16)

◆No Name:5月4日のアジュン(05/09)

◆銀河系:5月4日のアジュン(05/05)

◆中津川典司:5月4日のアジュン(05/05)

◆mihowaka92:キム・アジュンのつぶやき160416(04/23)

◆トリニータオヤジ:ミルトンステルリMilton Stelle2016年Part2(03/24)

◆はせぽん:ミルトンステルリMilton Stelle2016年Part1(03/19)

◆はせぽん:テレビ放映情報『パンチ~余命6ヶ月の奇跡』(03/12)

◆トリニータオヤジ:テレビ放映情報『パンチ~余命6ヶ月の奇跡』(03/03)

◆mikku_51:テレビ放映情報『パンチ~余命6ヶ月の奇跡』(03/03)

◆はせぽん: 映画『ザ・キング』出演確定!!(02/28)

◆トリニータオヤジ: 映画『ザ・キング』出演確定!!(02/27)

◆さわ♂:キラキラ☆キム・アジュン5周年(02/11)

◆Excel:キラキラ☆キム・アジュン5周年(02/11)

◆mihowaka92:キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/30)

◆kt:キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/30)

◆オカハゲ:キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/30)

◆銀河系:キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/29)

◆はせぽん:キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/28)

◆dadapon:キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/28)

◆トリニータオヤジ:キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/28)

◆whiteberry:キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/28)

◆中津川典司:キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/28)

◆はせぽん:スクリーン復帰作決定か!?(01/26)

◆まりはや:スクリーン復帰作決定か!?(01/24)

◆中津川典司:スクリーン復帰作決定か!?(01/22)

◆トリニータオヤジ:スクリーン復帰作決定か!?(01/22)

 カウンター Counter
 KAJプロフィール AJ's Profile
◆キム・アジュン◆
ハングル表記/김아중
英語表記/Kim A Joong
漢字表記/金亜中
◆生年月日◆
1982.10.16
◆身長体重◆
170cm47kg
◆血液型◆
A型
◆家族構成◆
父、母、兄
◆最終学歴◆
高麗大学言論大学院放送映像学科の修士課程修了
◆映画◆
『オッケドンム』
『クァンシクの弟クァンテ』
『カンナさん大成功です!』
『マイPSパートナー』
『Amazing』
『キャッチミー』
◆ドラマ◆
『海神』
『別れの法則』
『変わった女、変わった男』
『アクシデントカップル』
『サイン』
『パンチ』
◆所属事務所◆
ナムアクターズ

 プロフィール Profile

ぱんちゃぱんちゃ(pancha_pancha)

Author:ぱんちゃぱんちゃ(pancha_pancha)
◆女性管理人です。
◆韓国語で「パンチャパンチャ(반짝반짝)」とは「キラキラ」という意味です。
◆老若男女問わず、アジュンファンが集まる場にしていけたらと思っています。
◆Twitterもやってます。
http://twitter.com/pancha_AJoong

 ランキング参加
Please Click!!
 キム・アジュンTwitter

 ブログ翻訳 Translation 
 全記事表示 All Entry View

全ての記事を表示する

 カテゴリ Category
 月別アーカイブ Archives
 検索フォーム Search
 リンク Link
 RSSリンクの表示 RSS Link View
 QRコード QR Code
QR
最新トラックバック