キム・アジュン、OSENインタビュー201503 part1

OSENでのインタビュー記事(2015.3.2掲載)です。

善良なシン・ハギョンの問題だったと誰かに[インタビュー①]
osen201503001.jpg

放映終了したSBS『パンチ』でキム・アジュン(32)は、主要人物の中で唯一善良な人物だった。生き残るために、あるいは成功するためにお互いを敵視する話が展開された中で、正義の検事シン・ハギョンを演じたキム・アジュンはどうしても他の人物に比べて強烈さが少なかったことは事実である。

女主人公、しかもトップスターのキム・アジュンが他のドラマに比べて注目をほとんど受けないという残念な視線が存在していたのも事実。ところが肝心の俳優本人は最初から悪漢指向を持った人物を中心に話が流れて行くことを知っていたと笑顔を浮かべた。パク・ギョンス作家は最初からキム・アジュンにシン・ハギョンという人物が最後まで善良であり、このため、他の人物に比べて中盤で地味に見えるかもしれないという話をした。私たちが見た結末にハギョンは腐った世の中の一筋の希望のような存在で終了するという説明と共に。

「『パンチ』は演技をするまで熾烈に悩まなければならず、その悩みが本当に楽しくて幸せだったドラマでした。多くの方が私が物足りなさがあるだろうと思うのに私はハギョンが最後まで善だったのでドラマが完成したような感じを受けました。作家が最後までハギョンを善良に描いてくれることを願いました。パク・ジョンファン、イ・テジュンのように欲望に基づいた権謀術数を利かせて統帥熱戦に合流すればキャラクターが毀損されているような感じがあったんです。作家がハギョンという人物に愛着が多く、それをよく完成された感じを受けて良かったです。」

それでも俳優としての作品で目立ちたいと思わなかったのか。キム・アジュンは自分がパッと目に見えるものよりも良い作品で演技をすることができたという事実だけでも達成感を感じた。

「私が引き受けて引っ張っていく作品もあるだろうし、そうでない作品もあると思います。作家と監督が話したようにハギョンがいて『パンチ』は存在したと思います。すべての人が欲望のままに動いたときに誰かは善良な人物として中心を守らなければならないと思うのです。作家にドラマ出演する前に悪漢人物が魅力的だが正義心が強いだけで魅力が落ちないか聞いてみたんです。作家が「ハギョンは魅力で勝負するキャラクターではない」と言われたんですよ。視聴者との距離の調整をすることだとおっしゃったんです。ハギョンが正義の行動をして視聴者の共感を落として距離が離れた瞬間があったとすれば、明らかに視聴者との距離が近くなる瞬間もありました。「イェリンのための世の中を作ろう」と言った部分が視聴者たちに共感を与えたと思います。」

欲を捨て本物の俳優としての演技の渇望だけを持って始まった。男性俳優に比べて女性俳優ができる役割の幅が狭い韓国ドラマ市場でキム・アジュンは『パンチ』で演技的な自由を感じた。

「他の俳優たちがこのドラマをどう分析するか、どのように表現するかを多様に見ることができました。それが本当に面白かったんです。ある人物に焦点を合わせて見るかによってドラマが完全に別の色に近づいてきたからです。俳優ごとに演技の解釈が異なっていることもわかるようになりました。演技が本当に楽しいと思いました。私も先輩たちのように演技を長くしたいと思いました。牛のように仕事をしたい。どんな作品でも『パンチ』のように良いメンバーになったら良いです。『パンチ』によって次の作品の選択がちょっと楽になったこともあります。どんな作品をしても幅が広くなったような感じがします。」

osen201503002.jpg

キム・アジュンは『パンチ』1話の台本を見てすぐにこの作品を選択した。俳優として注目を受けなくてもパク・ギョンス作家のドラマなら必ずしなければならないと考えた。それこそ作家の文に一目惚れした。

「呆れた仕組みでした。男(イ・テジュン)と男(パク・ジョンファン)が濃いメローを見せるのに危ぶまれて、男(パク・ジョンファン)と女(シン・ハギョン)は喧嘩するほど近づく微妙な関係でした。私が演技するシン・ハギョンというキャラクターではなく作品全体が描き出す人物の関係が本当に魅力的でした。作家の文を見て、そして作家と会って話をするのに一目で惚れました。作家が作品の説明をずっとしてくださったが尋ねることも問い詰めることもせず、やらなければならないと考えました。説明に加えて求めることもなく私の演技も熱心にするべきだと思いました。職人みたいでした。」

神に取りつかれたように『パンチ』に出演する決心をした後、キム・アジュンは、悩みが多かった。一旦、正常な文章の順序ではなく、パク・ギョンス作家の倒置法が快適にやってくるまで困難があった。

「本当にセリフの中でそのまま流す言葉はありません。不必要な単語をすべて省いて核心だけ込められています。また、相手の呼称で終了になるのではないです。一般的な文章に必要な要素が絡まっていたり、一つ二つが抜けていて序盤に大変でした。放送1ヶ月半ほど前に出演が決定しました。台本を勉強する時間がなかったんです。また、検事の役割なので事件を説明することが本当に多かったです。もちろん"イェリンのための世の中"のようなセリフはすぐに覚えたが事件関連のセリフは容易ではなかったんです。」

臨む覚悟から違っていた。100点満点までは期待しなかったというのがキム・アジュンの率直な告白である。

「台本通り、シナリオに出ていることをそのままだとしても正確に演技をしたかったんです。私はもしかするとシナリオを変質することを恐れてワンシーンワンシーンは完ぺきに演技したかったんです。使うところがなく力が入るか見て、もしかしたら感情表現を完全にできないかと思って悩みや名残惜しさが大きかったんです。こんなに多く悩んだのは初めてでした。」

(2015.3.2 OSEN)



キム・アジュンのつぶやき150307で午後4時2分に紹介されたインタビュー記事です。

インタビュー②に続く





"やる気"に繋がります!Please click!!
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国女性芸能人・タレントへ
韓国女性芸能人ブログランキング



関連記事

テーマ : キム・アジュン
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿(Post a comment)

非公開コメント(Private message)

 お知らせ Information
『ハート泥棒を捕まえろ!』
DVD発売中


『キム・アジュンLIVE SHOW2』
DVD発売中


映画『マイPSパートナー』
Blu-ray&DVD発売中


『キム・アジュンLIVE SHOW』
DVD発売中

 カレンダー Calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 最新記事 Entries

◆ミルトンステルリMilton Stelle メイキング動画(05/24)

◆確定!!ドラマ『ウォンテッド』出演!!(05/16)

◆5月4日のアジュン(05/05)

◆最近のアジュン!(04/25)

◆キム・アジュンのつぶやき160416(04/20)

◆ミルトンステルリMilton Stelle2016年Part2(03/24)

◆ミルトンステルリMilton Stelle2016年Part1(03/19)

◆映画『ザ・キング』撮影中~(03/15)

◆アジュン、髪をバッサリ切りました(03/14)

◆キム・アジュンinstagram160214(03/13)

◆テレビ放映情報『パンチ~余命6ヶ月の奇跡』(03/02)

◆キム・アジュンinstagram160213(02/29)

◆所属事務所、正式決定!!(02/28)

◆ 映画『ザ・キング』出演確定!!(02/27)

◆キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/28)

◆スクリーン復帰作決定か!?(01/21)

◆kirakiraブログ5周年記念オフ会のお知らせ(01/02)

◆キム・アジュンinstagram151218(12/22)

◆ミルトンステルリ撮影中~Part2(12/13)

◆ミルトンステルリ撮影中~(12/10)

◆キム・アジュンinstagram151209(12/10)

◆『パンチ』日本版DVD発売決定!(12/05)

◆シン・ハギョンのファッション第15話(12/01)

◆キム・アジュンinstagram151117(11/20)

◆東京満喫!キム・アジュンinstagram151113~14(11/17)

◆アジュンの帰国後・・・(11/15)

◆シングルマザーたちに時計プレゼント(11/14)

◆東京!キム・アジュンinstagram151112(11/13)

◆キム・アジュンinstagram151111(11/13)

◆キム・アジュンinstagram151106(11/09)

 最新コメント Comments

◆GULGUL:ミルトンステルリMilton Stelle メイキング動画(05/31)

◆中津川典司:ミルトンステルリMilton Stelle メイキング動画(05/27)

◆トリニータオヤジ:ミルトンステルリMilton Stelle メイキング動画(05/25)

◆グレッグ:確定!!ドラマ『ウォンテッド』出演!!(05/16)

◆No Name:5月4日のアジュン(05/09)

◆銀河系:5月4日のアジュン(05/05)

◆中津川典司:5月4日のアジュン(05/05)

◆mihowaka92:キム・アジュンのつぶやき160416(04/23)

◆トリニータオヤジ:ミルトンステルリMilton Stelle2016年Part2(03/24)

◆はせぽん:ミルトンステルリMilton Stelle2016年Part1(03/19)

◆はせぽん:テレビ放映情報『パンチ~余命6ヶ月の奇跡』(03/12)

◆トリニータオヤジ:テレビ放映情報『パンチ~余命6ヶ月の奇跡』(03/03)

◆mikku_51:テレビ放映情報『パンチ~余命6ヶ月の奇跡』(03/03)

◆はせぽん: 映画『ザ・キング』出演確定!!(02/28)

◆トリニータオヤジ: 映画『ザ・キング』出演確定!!(02/27)

◆さわ♂:キラキラ☆キム・アジュン5周年(02/11)

◆Excel:キラキラ☆キム・アジュン5周年(02/11)

◆mihowaka92:キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/30)

◆kt:キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/30)

◆オカハゲ:キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/30)

◆銀河系:キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/29)

◆はせぽん:キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/28)

◆dadapon:キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/28)

◆トリニータオヤジ:キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/28)

◆whiteberry:キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/28)

◆中津川典司:キラキラ☆キム・アジュン5周年(01/28)

◆はせぽん:スクリーン復帰作決定か!?(01/26)

◆まりはや:スクリーン復帰作決定か!?(01/24)

◆中津川典司:スクリーン復帰作決定か!?(01/22)

◆トリニータオヤジ:スクリーン復帰作決定か!?(01/22)

 カウンター Counter
 KAJプロフィール AJ's Profile
◆キム・アジュン◆
ハングル表記/김아중
英語表記/Kim A Joong
漢字表記/金亜中
◆生年月日◆
1982.10.16
◆身長体重◆
170cm47kg
◆血液型◆
A型
◆家族構成◆
父、母、兄
◆最終学歴◆
高麗大学言論大学院放送映像学科の修士課程修了
◆映画◆
『オッケドンム』
『クァンシクの弟クァンテ』
『カンナさん大成功です!』
『マイPSパートナー』
『Amazing』
『キャッチミー』
◆ドラマ◆
『海神』
『別れの法則』
『変わった女、変わった男』
『アクシデントカップル』
『サイン』
『パンチ』
◆所属事務所◆
ナムアクターズ

 プロフィール Profile

ぱんちゃぱんちゃ(pancha_pancha)

Author:ぱんちゃぱんちゃ(pancha_pancha)
◆女性管理人です。
◆韓国語で「パンチャパンチャ(반짝반짝)」とは「キラキラ」という意味です。
◆老若男女問わず、アジュンファンが集まる場にしていけたらと思っています。
◆Twitterもやってます。
http://twitter.com/pancha_AJoong

 ランキング参加
Please Click!!
 キム・アジュンTwitter

 ブログ翻訳 Translation 
 全記事表示 All Entry View

全ての記事を表示する

 カテゴリ Category
 月別アーカイブ Archives
 検索フォーム Search
 リンク Link
 RSSリンクの表示 RSS Link View
 QRコード QR Code
QR
最新トラックバック